DETOUR AHEAD

If you don't know where you are going, any road will lead you there.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ああ、夏休み、、、の終わり

2010年、夏休みの総括。それにしてもこの歳になってまだ夏休みがあるってすごいことだな、と思う。友達の休暇に合わせて屋久島に行ったり、相変わらずおさななじみとカラオケ行ったり、友達と会ったり、花火を見たり、北海道に行ったり・・・南へ北へと、とにかく移動の多い夏だったけど、その合間にちゃっかり手足口病なんぞというものにもかかったりして、そのおかげで残念ながら会えなかった人もいたけど実に有意義な夏休みだった。とにかく体調が良くなかったのと暑いのも手伝って、さんざんポカリスエットとリポビタンDのお世話に。人と会っている時間が長くて、それ以外の時間は読み意地を張って読書してたら疲れちゃったらしい。日本に帰るたびに思うのは、帰ったら休もうと思って帰るのに、いつもなんだかいまいち休めてないこと。まあ、しょうがないか。結局、6週間の滞在で読めたのが50冊くらい。内容の軽い本なら、一週間に平均8~9冊ほど読めることがわかった。しかしだんだんまとめを書くのが面倒になってきて(というか起きてパソコンに向かうのがつらくて)、メモの打ち込みだけになってしまったのが残念である。

日本に帰っていた間はなんだか他人の都合に振り回されるというか、人に自分の時間をコントロールされることが多くてそれがちょっとストレスになった。誰かと一緒の時間を共有したり、誰かのために時間を使えるということは素晴らしいし、人生においてとても重要なことだと思う。人のために時間を使うということは最上のプレゼントであり、誠実なことだと思うから。でも余裕がなくなるとダメだね。自分の思うように時間が使えなくなる機会が増える(+精神的&体力的に余裕がなくて思ったとおりにスケジュールがこなせない)と、人に会うのが煩わしくなってしまう。そんな弱い自分にイライラしながら、ほんとに、とにかく自分がコントロールできることに集中しようと思った。病気になったり天気が悪かったり、急にやらなくちゃいけないことが持ち上がったり、親族の要請や希望にこたえて何かするべき状況は、自分ではまったくコントロールできないか、ほとんどコントロールできない。でも、友達との約束や本を読む時間など、選択の自由度が高いものはある程度コントロールできる。本当にしたいと思っていることと食い違うことをしている状態が長く続くと、すごく疲れてしまうんだということを身にしみて感じた。

とにもかくにも、母の手料理やその他のおいしいものをたらふく食べて、愛しい人々に会えてよかった。日本とイギリスを往復するときはいつも複雑な気持ちになる。自分で望んで来たのに、日本は窮屈だとも思うのに、いつまでたっても胸が痛くなる。はじめてイギリスに留学したときのこと、地元の駅に見送りに来てくれた母が、笑いながら泣いていた顔が忘れられない。見送られるのが嫌で、いつもスーツケースと一緒に最寄り駅まで車で送ってもらうことにしていたけれど、最近はそれも受け入れられるようになって、今回ははじめて成田まで送ってもらった。今年でもう、4年になる。エジンバラに着いた最初の夜、空港近くのホテルの一室で泣いていた夜から。英語もろくに話せないで、国際電話のかけかたも分からなかった。だから寮のネットがやっとつながるまでの一週間、家族に連絡できなかった。何もかもがはじめてで、毎日楽しいけど毎日落ち込んでたころ。スコティッシュのきつい訛りに打ちのめされて、ミーティングが終わるたび友達に教えてもらってた。寒くて、暗くて、雨風が強くて・・・レポート提出前、吹き飛ばされないように前のめりになって図書館まで行ったこともあった。〆切前の寮は論文製独房みたいになってたけど、深夜までそろって起きてる同級生の存在は心強くて、アドバイスをくれたり息抜きにさそってくれるPhDの友達は暖かかった。強いて言えばスーパーバイザーととことん気が合わなかったのが残念だったな。あとポンドが当時1ポンド250円だったこと。経済的に、外食はほとんどできなかったし、本も買いにくかった。コーヒー一杯飲むのとかペットボトル1本買うのもためらうくらい高かった。

なんて、今思い返してみれば笑えるけど。

ロンドンも今年で3年目。まだまだ新しいことがあるからがんばっていこー。相変わらず英語は恐いし、ネイティブじゃない劣等感はあるし、いまいち現実に疎い不安とか、そもそも博士課程終われるのかとか、いろいろあるけど、ロンドンでも愛しい人々に会えた。ありがとう。これからはもっと、怖れずにいきたい。そして素直にいきたい。

















スポンサーサイト
  1. 2010/09/03(金) 06:52:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。