DETOUR AHEAD

If you don't know where you are going, any road will lead you there.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最近ふと、私の人生ってイケてるのかなとか思うことがある。
何をしていてもいつも満たされない部分があって、いつも何かが心配だ。

年をとればとるほど、幸せって自分の心の持ちようなんだなって分かるようになった。
いつも何か完璧を求めて足りないものばかりに意識が行くと、いつまでたっても幸せな気分になれないんだよね。

特に自分のことばかりに目がいってると、幸せな気分になれない。
周りの事柄や変化に注目してたほうが、たぶん満たされることが多い。

でも一人でいるとどうも、思考回路が内向きになってきちゃうな・・・



先日友達に誘われて、新進気鋭のピアニスト、辻井伸行さんのコンサートに行ってきました。
一言で言うと、とても感動した。勇気をたくさんもらった気がした。
彼は生まれつき視力障害があって、恐らくほとんど(かまったく)見えていないと思うんだけど、もちろんそれは音だけ聞いてたら分からない。素晴らしい演奏だった。

でも、音楽に素人の私がものすごく感動したのは演奏の最中ではなく、演奏の後でした。
会場からの割れんばかりの拍手。オーディエンスである私たちには、それが唯一彼に伝えられる賞賛のメッセージだった。満席の会場も、スタンディングオベーションも、満足気な笑顔も、不十分に思えた。

私はその時初めて、「心をこめた」拍手というのをビンビン体感した。
もちろん他のコンサートでも皆さん心をこめているだろうし、劇場でバイトしてたときもすごい拍手のときがあったけど、なんか自分の手から発せられる音で伝えられることに、少なくとも私は集中してたのです。

それで思った。

普段何気なく発している言葉や、ジェスチャー(まなざし、ボディランゲージとか含め)は、たぶんもっと本気になれる。
変な言い方だけど。


あと、もうひとつ思ったことは、やっぱり人間何かを極めることが大切なんじゃないかということ。
(失礼になるかもしれないことを承知で言えば、)辻井さんが例えばピアノをやってるのとやっていなかった場合の差ってすごく大きかったと思う。そしてその状況は、みんな同じだということ。
もちろん目が見えないということに比べたら何でもないけど、人はそれぞれ何かしら弱点があって、でもそこに捉われて何もしなかったら、その弱点ばかりが目立って人生を生きていかなきゃならないかも知れない。
でも、何か社会と自分の関係を意味のあるものにすることに力を注いでいけば、人を感動させることができるだろうし、多くの人に認められるようになるだろう。


自分の短所や足りないものを改善するのも、バランスを取るには重要だけど、
もっと自分が人の役に立てそうなこととか、好きなこととか、そういうものに目を向けよっと。









スポンサーサイト
  1. 2012/05/29(火) 07:10:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

自分の感性とか、そういうもの

待ち合わせはローソンで おにぎりを二つ買って
つないだ指は ワンスモアタイム
行き止まりで口づけしたんだ
君の機嫌は天気雨 土砂降りなら中央線で
胸元に落ちた花びら 季節はもう2回目の春だった

手作りの祭壇に 花を飾りましょう ディン・ドン
電車は走る 雲の影を見た

君を想い 幸せを願い
暮れゆく黄昏の中にいた
生きてるそれだけが 変わりのないストーリー
いつまでも 君の横顔見てた

角の犬に吠えられて 銭湯の湯は熱すぎて
浮気をしては仲直り そしてそれはヒドイ間違いだった
暮らし始めたら 何かが変わるような気がした
君の古着の スカートたくしあげたら

愛よじれったいような愛よ
渡しあった夜は薔薇色
物語は続く 君の思い通り
最後のページ 開かれないストーリー

ただ君を想い 幸せを願い
暮れゆく黄昏の中にいた
生きてるそれだけが 変わりのないストーリー
いつまでも 君の横顔見てた

― YUKI 『2人のストーリー』


やけに切ないメロディーにうたれる。やっぱりYUKIいいなと思う。
大人になっても、慣れ染んだ声とかヴィジョンがあるっていいなと思う。

いくつになっても、自分が愛してきた世界を大切にし続けたい。
自分の感性みたいなものしか、最後は信じるものがないだろう。


YUKIが男性目線で「同棲」をテーマに歌ったこの曲。
このあと、この2人はどうなったんだろう?


同棲という生活の甘いけだるさと、切なさ。

なんとなく宙ぶらりんなステイタス。
まったく違う2人が、新しい生活を紡ぐ場所。
何の拘束力もなく、ただ身を寄せ合って。
でも結婚が延長線上にあるとしたら、一つ屋根の下で暮らすことの本質って何だろう。


愛、とか。

たぶん、愛とか。

セックスとか、打算とか、経済合理性とか。

なんとなく、とか。


人間(動物)の「なんとなく」は実は一番信用できると思う。



論理とか言葉とか、
そういうものが無い世界で生きられたら幸せなのになあと、願ってみたりする。








  1. 2012/05/19(土) 07:43:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。