FC2ブログ

DETOUR AHEAD

If you don't know where you are going, any road will lead you there.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

25.09.07. ブリュッセル




朝レストランでUlrikaと一緒に朝ごはんを食べ、今日は一緒に街を散歩することに。外は思ったよりも寒い。王宮と議事堂を間違えて「なんか小さいねー」なんてバカを言いながら本物の王宮や裁判所なんかを訪ね歩く。プチサブロン、グランサブロンと呼ばれる素敵な地区・・・途中で見つけた道端の教会。円形の壁一面のステンドグラスは、今まで見たステンドグラスの中で一番きれいだった。朝が色とりどりの光になって教会の壁に反射する。教会ってどの街にもたくさんあってだいたい飽きてしまうものだけど、なぜか見つけるとふらっと入ってしまう。祈るためではなくて、祈る人々を見たくて。因みに私はたぶん仏教徒。たまにご先祖様にお願いごともといお祈りをするくらいですが、宗教に関係なく、人が祈っている姿って美しいと思う。意識的にではなくても、決まった時間とやり方でなくても、私たちはいつも何かに祈っているんじゃないかな。それが神様でなくても、何かに。

ブリュッセルで有名なマネケン・ピス、小便小僧。思ったよりも小さくて、でも彼は今日も元気に用を足していました。フェスティバルのときは水じゃなくてビールが出るとか出ないとか・・・。小便つながりでブリュッセルにはその壁にトイレ(男性用)がある教会がある。しかもちゃんとみなさまご使用になられております。ヨーロッパのほどんどの国では教会に向かっておしっこをすると刑務所行きですが。ここでは懺悔無用なのでしょう。今日もまた陽は暮れて・・・






夕方、同室の女の子Allyも誘って3人で一緒に夕飯。ブリュッセルの台所イロ・サクレ(レストラン街)。オープンカフェは人でいっぱい。マッスル、パエリア、ピザ、新鮮な魚介類のおいしそうなにおい!だけ味わってケバブを食べに。バックパッカーだからね。いつかリッチになったら、魚介類に目がない母を連れてこよう。でもなんだか、ゴージャスなディナーを横目に私は考えていました。ここではなぜこんなに食文化が発達しているのか。人間の快楽―性、食、住。私たちの「おいしい」って一体何なんだろう。食べることって本当に大切だと思う。私は普段ひとりのときは食事適当だし、忙しいときはむしろ食べないし、食に関心がないのだと母には思われていますが。確かに「グルメ」という道徳を私は持ち合わせていない。でも、もっと食べることを真剣に考えたいなと思う。世界中のお母さんが電話口でまずはじめに聞くこと、それは「ちゃんと食べてるの?」。私たちの舌はHomeにて作られる。・・・ま、なにはともあれ今夜もベルギービアー。一通り飲んだあとホステルにもどってまた飲むのかーとつっこみつついろんな人を交えてわたしもまだまだ飲む飲む。かくしてブリュッセルの夜は楽しく更けていくのでした。






スポンサーサイト
  1. 2007/10/26(金) 17:32:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<26.09.07. ベルギー→スロヴェニア | ホーム | 24.09.07. Lonely Brussels>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kumyuk.blog79.fc2.com/tb.php/12-b7827a69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。