DETOUR AHEAD

If you don't know where you are going, any road will lead you there.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Postman in the Mountains / 山の郵便配達

シンプルなストーリーを、よくここまで仕上げたものだと思う。静かに泣ける作品だ。舞台は80年代初頭の中国山間部。そこで長い間郵便配達をしてきた父の仕事を息子が引き継ぐ。父は配達の公務のためほとんど家におらず、いつも妻と幼い息子を残して仕事をしてきた。その険しい山道を行く厳しい仕事を、たくましくなった息子が継ぐのである。よくあると言えばよくありそうな、息子が父という男の人生を理解していく物語なのだけど、描かれているのはなぜか息子の心情の変化というより、徹底して郵便配達の誇りややりがい、希望をせがれに託す、そしてはからずも家族に寂しい思いをさせてきたひとりの男の、寡黙な旅だったように思う。その意味で、この映画には前にも後ろにも絵として切り取られなかった長い時間がある。それは父がおよそ20年ほどの間、いろいろな体験や思いをしながら歩いてきた道そのものである。そして息子がこれから辿っていくであろう道のりである。だからたぶん、河原で父親が相棒の犬に向かって、「おい、聞いたか?あいつ初めておれのことを父さんって読んだぞ」と言ったシーンよりも、終盤の父の回想シーンに涙があふれたのだと思う。山という悠久さを感じさせる舞台も、変わることなく繰り返される人々の生活みたいなものを含んでいたと思う。

郵便配達とは、どういう仕事だろう。誰かの声と想いを、宛て名の誰かに届ける。そしてそれを待っている人がいる。私は個人的に、郵便配達の人とか車掌さんとかパイロットとか、何かの道途にあってモノやひとや心をどこかからどこかに送り届ける仕事に携わっている職業(人)が好きだ。彼らのもとには、何も留まることがない。彼ら(またはそれらの機構)は多くの人にとって、出発点にも、目的地にもなることがない。けれどそれなくしては、何かを受け取ることや送ることが、できないのである。手紙に限って言えば、今や携帯のメールやインターネットで瞬時にメッセージをやりとりすることができる。私たちはもはや待たない。何かが届くのを、本当に辛抱強く、待ち侘びるということが少なくなった。でも例えば、今メールでやりとりしている言葉がこの映画の郵便配達の速度でしか届かなくなったとして、そうしたら私たちは一体、何を伝えようとし、どんな言葉を選ぶだろう。インターネットで限りなく短くなった配達時間と距離、それによって薄っぺらくなった時間と空間の厚みや重さは、私たちの言葉をどんなふうに変えているのだろう。

よく分からないけどやけに印象的だったのは、郵便配達夫の妻が、息子が産まれたときにも留守だった夫に宛てて手紙を書いたこと。そしてそれが、後にも先にも彼女が彼に出した唯一の手紙だったこと。



スポンサーサイト
  1. 2009/06/25(木) 00:25:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Turtles Can Fly / 亀も空を飛ぶ | ホーム | カンナさん大成功です!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kumyuk.blog79.fc2.com/tb.php/39-148d5475
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。