DETOUR AHEAD

If you don't know where you are going, any road will lead you there.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小さな頃は神様がいて

きっと、何かひとつの時代が私の中で終わったのだと思う。長い間振り返らずに、よく考え直したりもせずにたどってきた夢が叶ってしまったのだ。その後のことなんて考えたこともないし、たぶん考えることもできなかった。これが、と思いつつもなんとなくも正しく歩いてきたはずの、そして実際その軌跡が現実になったあと、なぜかふと立ち止まってしまう。犠牲にしてきたことなど何もない。後悔していることもない。でもなぜか、進めなくなる。5年後の自分も、10年後の自分も、ときに1年後の自分さえ想像できずにいる。

それでもやはり時は過ぎて、その間にたくさんのことが通り過ぎていき、また空っぽになるときが来るんだろう。何かが終われば、何かが新しくはじまる。終わりを認めたら、新しく始めなければならない。そんな簡単なことに気がつかずに、未来は既に惰性によって決められていて、なにもかも終わったような気がしていた。本を読んだり、学位のために何がしかの文章をしたためたり、研究を続けること以外に、私は自分の人生というものについて真剣に考えたことなんて実は一度もなかったのだろうと思う。客観的に何が楽しいのかとか、何が好きなのかとか、誰と一緒にいたいのかとか、自分にとって一番大切なことが何なのかとか、人に聞かれていつも答えに困るくらい、分かろうとしたこともなかったのだと思う。もしかしたら本当に好きなことしかやってこなかったから、本当に好きなことが何かなんて考えずにいられたのかも知れない。とにもかくにも、ある音楽や絵や映画や美しいものに夢中の人や、自分のスタイルみたいなものを知っている人をうらやましく思う。

20歳くらいのときに、これは自分が好きなものや誇れるものだと思っていたものたちの足元がぐらつきはじめたのを知っていたし、それで動揺していた時期もあった。良く言えば世界が広がっているというか、守備範囲が拡がっているというか、いろいろ許容できるようになったというか。でも一方で、絶対こうでないといけないとか、そういう執着心や信念が弱くなり、あきらめたり、どうでもよくなることも多くなった。「なんでもあり」。私は自分の意志である程度何か自分に関することを変えられるのを知っているのだけれど、面倒だったりなんとなく気がすすまなかったり、そしてそれ以前に何も確かなことがなさすぎて、自分を信じることも困難なため、何も生み出さないと分かっていてもなんとなくくすぶってしまう。

この世界の外側には何もない。たぶん。ユーミンのルージュの伝言に出てくるみたいな「小さいころ願いを叶えてくれた神様」は、本当にいなくなってしまった。次元を変えただけかもしれないし、私がはじめから誤解していたのかもしれない。でも夢も希望も、ユートピアも神様も、恋も空も、魔法がとけてしまったかのように以前と同じようには感じられない。この目の前にあるものがすべてだ。消費とか資本とか、本当の自分とか意味とか、そういう言葉では語れないくらい、目の前にあるもの以外に私たちの持てるものはない。ぜんぶ人間のこまごましたやり取りや一時的な感情で動いている世界。前世とかあの世とか夢の国とか、森羅万象を統べる何かがあるとしたら素敵だと思う。でも、それはとにかくないのだというところからどうやって始めたらいいのだろうか。

そんなこんなで、やはりたくさんの矛盾を抱えながら、私はわたしのいない未来をどうやって生きることができるだろうなんてことを考える。

















スポンサーサイト
  1. 2009/08/13(木) 01:29:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<タイトルなし | ホーム | Turtles Can Fly / 亀も空を飛ぶ>>

コメント

「ルージュの伝言」ではなくて「やさしさに包まれたなら」ですね(笑)

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=53878

高校時代
目にうつる全てのことはメッセージ
という歌詞がとても印象に残ったのをよく覚えています。


  1. 2009/08/28(金) 17:55:13 |
  2. URL |
  3. F #JalddpaA
  4. [ 編集]

すみません、youtubeでユーミンの歌をいろいろ聞いてたら思いっ切り間違えてしまいました 笑。ご指摘ありがとうございます。

私もその歌詞の部分にはいつもはっとさせられます。
メッセージを受け取れるように、いつもオープンでいたいと思います。
  1. 2009/09/09(水) 04:28:44 |
  2. URL |
  3. kumy #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kumyuk.blog79.fc2.com/tb.php/44-3d5b4fa6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。