DETOUR AHEAD

If you don't know where you are going, any road will lead you there.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真理という名で呼ばれてきたものの正体を探っている。「正体」といってもその中身ではなく、真理という名で呼ばれてきたもの(あるいはそれを真理と呼び、求めるということ)が、たとえばひとりの人間の人生をどのように形作っていくかということを。ある友人は、真理は絶対にあると言う。でもわたしは、それが実際にあるのかないのかという問い自体がたぶん、どこへも行きつかないのを感じているのだと思う。それに、「真理があるかないかは誰にも分からない、ということは真理だ」といった文句も、なんだかもう何も言い当てていないように思う。物事はいつも、いろいろなレベルで歪められたり隠されたり、あるいは注目を集めなかったりしており、実際、「真理」とか「真実」と呼ばれているものは存在する。例えば、「地球は太陽のまわりをまわっているのであって、太陽が地球のまわりをまわっているのではない」。これは真実でない時代もあったが、今では真理であると言えるだろう。

でも例えば、何かについて真理を語るとき、「~は真理」だと言うことはできても、「真理はある」だとか「真理とは~」であるということはとても難しいか、それを確かめることができないか、そういう領域に入ってしまう。つまり、真理は主語になることができないのだ。それでも真理を主語に据えようとすると、それは直ちに信仰の領域に入ってしまうのではないかと思う。真理や神や崇高というきっと誰にも確かめることのできない空虚な主語は、ときに人をありもしない「外側」の世界へと誘う力がある。例えば完全無欠の美しさ、汚れのない清浄な世界、終末、パラダイス、歪みのない本当の価値、そういったものへ。私は「外側」に憧れることや、それらがあることや、真理への探究の道を否定したいわけではない。(そしてたぶん、無いものを無いと証明することはできない。)それにこの考えが、希望や信じることを否定するとも思っていない。ただ、あり得ない幸福とか命を賭けられる大義とか、絶対に揺るがない真理などに気をとられて現在を行き過ぎさせてしまうこと、そして現状に対する感覚を鈍らせてしまうことを避けたいのである。まやかしから逃れたいと望むあまりにまやかしに捉われる、またはまやかしであるかもしれないという疑いを抱いたまま、中毒症状のようにそれを追い求めてしまう、そのどちらも避けたいと思っているのである。

けれど「真理はあるのかないのか」とか「真理は主語になれない」とか、そんなことを考えていること自体がもう幻想なのかも知れないし、そうでないかも知れない。その問いについて問う問い自体が、間違っているかも知れないし、そうでないかも知れない。しかし、この問いとわたしの言葉とわたしはここにあるのだ。そして真理という名で呼ばれてきたものも、ある。それが「何か」私は知ることができない。でも何が真理を可能にしているのか、それを吟味することはできるかも知れない。そんな外堀を埋めるようなやり方はたぶん、誰かの目には無駄なことのように映るだろうし、実際無駄なことなのかもしれない。それでも私が考え続けているのは、やはり真理や哲学に対する疑いが、晴れないためなのだろう。
















スポンサーサイト
  1. 2009/08/14(金) 01:44:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「叫べ」/radwimps | ホーム | 小さな頃は神様がいて>>

コメント

不倫

刺激が欲しいから!旦那が弱いから…昼間だけの関係でもいいから
http://www.girlseLognavi.coM/
  1. 2009/09/26(土) 06:04:00 |
  2. URL |
  3. 不倫 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kumyuk.blog79.fc2.com/tb.php/45-3b6919ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。