FC2ブログ

DETOUR AHEAD

If you don't know where you are going, any road will lead you there.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

学ぶ時間はまだまだ残されている。それはとても幸せなことだと思った。

そしてそれに早く気づけたこと。それもとても感謝すべきことだと思った。


自分の心が混乱状態にあるのを、そういう年頃のせいにすることもできるし、資本主義のせいにすることもできるし、身近な誰かや出来事のせいにすることもできた。私は「終わり」を求めていたのだ。不安定な状態の終わり。変わることのない信念や、少なくとも私の生きている間は持ち続けそうな思想、そこに留まり続けるもの。そういうものに憧れ続けてきたし、それはこれからも変わることがないだろう。今ここにないものを求め続けてしまうこと、それこそがたぶん、自分が思う以上に、わたしの継続そのものなのだと思う。本当に欲しいものは、いつもまだこの世界に存在しない。なぜならそれはつねに終わることがないからだ。一見いつもそこに何か欲しいものがすでにあり、それを見つけたり味わったりしに行くように見える旅の道は、どこにも行き着くことがなく、だからどこへでも行くことができる。小さな目標や現実的なターゲットを定めることはできるが、行き着いたところに、もうすでに私の求めていたものはないのだ。この世界には、私の認識なんてまったく必要とせずに存在するものがもちろんたくさんあるが、私がそれを見つけるまでまったく存在しないものもそれと同じくらいたくさんある。そしてこの世の中には、自分では気がつけなかったようなことや、見過ごしてしまったり見ようともしていなかったことを、私に見せてくれる人々がいる。発達したネットワークとグローバルな消費社会の効用に毒気を当てられようが目を回そうが、渦巻くたくさんのものの中に、確かに希望はあるのだ。ものすごいスピードや憎らしいものや何だかよく分からないものや気持ちの悪いものに、辟易したり押しつぶされそうになったり打ちのめされたり疲れてしまったりすることがこれからもあるだろう。けれどそんな絶望をも、学ぶために私はこんなところまで来たのだ。そして、私の求めている終わりはまだまだ訪れないということを、実は確かめに来たのかもしれない。















スポンサーサイト
  1. 2009/10/09(金) 02:42:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画 『プラットフォーム』 by Jia Zhangke | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kumyuk.blog79.fc2.com/tb.php/50-3c8abd5a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。