DETOUR AHEAD

If you don't know where you are going, any road will lead you there.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分の感性とか、そういうもの

待ち合わせはローソンで おにぎりを二つ買って
つないだ指は ワンスモアタイム
行き止まりで口づけしたんだ
君の機嫌は天気雨 土砂降りなら中央線で
胸元に落ちた花びら 季節はもう2回目の春だった

手作りの祭壇に 花を飾りましょう ディン・ドン
電車は走る 雲の影を見た

君を想い 幸せを願い
暮れゆく黄昏の中にいた
生きてるそれだけが 変わりのないストーリー
いつまでも 君の横顔見てた

角の犬に吠えられて 銭湯の湯は熱すぎて
浮気をしては仲直り そしてそれはヒドイ間違いだった
暮らし始めたら 何かが変わるような気がした
君の古着の スカートたくしあげたら

愛よじれったいような愛よ
渡しあった夜は薔薇色
物語は続く 君の思い通り
最後のページ 開かれないストーリー

ただ君を想い 幸せを願い
暮れゆく黄昏の中にいた
生きてるそれだけが 変わりのないストーリー
いつまでも 君の横顔見てた

― YUKI 『2人のストーリー』


やけに切ないメロディーにうたれる。やっぱりYUKIいいなと思う。
大人になっても、慣れ染んだ声とかヴィジョンがあるっていいなと思う。

いくつになっても、自分が愛してきた世界を大切にし続けたい。
自分の感性みたいなものしか、最後は信じるものがないだろう。


YUKIが男性目線で「同棲」をテーマに歌ったこの曲。
このあと、この2人はどうなったんだろう?


同棲という生活の甘いけだるさと、切なさ。

なんとなく宙ぶらりんなステイタス。
まったく違う2人が、新しい生活を紡ぐ場所。
何の拘束力もなく、ただ身を寄せ合って。
でも結婚が延長線上にあるとしたら、一つ屋根の下で暮らすことの本質って何だろう。


愛、とか。

たぶん、愛とか。

セックスとか、打算とか、経済合理性とか。

なんとなく、とか。


人間(動物)の「なんとなく」は実は一番信用できると思う。



論理とか言葉とか、
そういうものが無い世界で生きられたら幸せなのになあと、願ってみたりする。








スポンサーサイト
  1. 2012/05/19(土) 07:43:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | Another World >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kumyuk.blog79.fc2.com/tb.php/97-ecd36b7f

まとめ【自分の感性とか、そう】

待ち合わせはローソンで おにぎりを二つ買ってつないだ指は ワンスモアタイム行き止まりで口づけしたんだ
  1. 2012/11/20(火) 12:59:09 |
  2. まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。